あなたのプラクルティ(体質)は?

※体質診断ができるコンサルテーションはこちら。

プラクルティという言葉を聞いたことがありますか?

プラクルティとは、サンスクリット語の意味としては「起源」という意味で、アーユルヴェーダでは、個人が生まれ持った、身体と心の性質のことを、プラクルティと言います。

アーユルヴェーダの大きな特徴は、「全ての人は、異なった体質を持っているので、治療方針は体質に応じて変える」という原則に基づいていることです。

西洋医学では、病気の症状によって、治療を変えますが、アーユルヴェーダでは、まず「その人がどんな人なのか」が重要であると考えます。

全ての人はドーシャという3つの生体エネルギーを持っています。


そして、このドーシャのバランスによって、それぞれの生まれ持った体質が決まります。

例えば、体の特徴、考え方、態度や行動といった側面がこの体質によって決まってきます。自分の体質を知れば、どんなものが自分にとって良く働き、どんなものが自分にとってマイナスに働くかよく理解できるので、健康や幸せ、よりよく生きるためにも自分自身の体質を理解する必要があります。

アーユルヴェーダのトリートメントはこの体質と健康状態によって決められます。

また、穏やかな社会的な交流のためにも自分とは違った相手の体質を知ることは重要です。プラクルティを判断することはアーユルヴェーダ診療にとっての基礎であり最も重要なことの一つです。

自分のプラクルティ(体質)を知ろう!

下記の質問事項で、自分に最も当てはまると思うものを選んで、A、B、Cがそれぞれいくつ当てはまるか、カウントしてみてください。

A、B、Cどの項目が最も多く当てはまるかによって、自分の体質を少しだけ理解するのに活用できます。

※以下の質問事項で大まかな体質を理解できますが、実際は、アーユルヴェーダ医師による脈診を含んだ診断が必要です。アーユルヴェーダ医師から診断を受けられるリトリートに参加したり、SETRAMEDのコンサルテーションにより、診断が可能です。
※リトリートはこちら。
※コンサルテーションはこちら。


1. 骨格

A. 細い、ひょろっとした、骨っぽい、平均よりも背が高いあるいは低い
B. 身長も体重も平均的
C. 重い、がっしりとした、幅の広い、背が高くもなく低くもない

2. 体重

A. 低い、体重が増えづらい
B. 平均的、体重を増やすのも減らすのも難しくない
C. 重い、体重が減りづらい

3. 食欲

A. 予想できない、日によって色々
B. 強い、毎食欠かせない、3~4時間後にはお腹が空く
C. 一定だけれども、食事を抜くこともできれる、空腹も気にならない

4. 食事量

A. 色々、時には多く、時には少なく
B. 多い、沢山食べることができる、大食い
C. あまり食べない

5. 好きな天気・気候

A. あたたかい気候が好き、風の強い乾燥した日や寒い日は苦手
B. すずしい気候が好き、暑いのは苦手
C. どんな気候も平気、でも寒い日や雨の日は苦手

6. 肌の質感

A. 薄く乾燥している、触るとひんやりとして粗い
B. なめらかで暖かい、おでこや鼻などのTゾーンは少し脂っぽい
C. 厚い、触ると冷たく脂っぽい

7. 歩き方

A. 速い、軽い
B. 一定のステップで速さも平均的
C. 一定だがゆっくり

8. 顔色 

A. 色黒、簡単に日焼けする
B. 特に普通でそばかすやシミがある、日焼けしやすい
C. 青白くなかなか焼けない

9. 睡眠

A. すぐ眠れ、すぐ起きられる
B. 深く眠れ、8時間も睡眠は必要ない
C. 長く眠れる、起きるのが辛い

10. 髪の毛

A. 乾燥している、枝毛になりやすい、くせっけ
B. 柔らかくてストレート
C. 太くウェーブがかかり、しっとりしている

11. 汗

A. 汗をかきにくく、匂いもほとんどない
B. 暑くなると汗をかきやすく、つんとした匂いがする
C. 平均的で甘い香り

12. 目

A. 小さくて乾燥している、瞬きを良くする
B. 視線が鋭い、 充血しやすい
C. 大きくてうるおっている

13. 体温

A. 平均より低め、手足が冷たい
B. 平均より高い、手足や顔は暖かいまたはほてりやすい
C. 平均的、手足は冷たい

14. 唇

A. 薄く乾燥している、荒れやすい
B. ピンク色でやわらかい
C. 厚くなめらか

15. 声

A. 低い、粗声
B. 大きく鋭い
C. ゆっくりとして穏やか

16. 歯

A. 歯並びが悪く、歯茎は後退している
B. 黄色っぽい、歯茎から血が出やすい
C. 大きく、白い、強い歯

17. 指と爪

A. デリケートで細く長い指、爪が欠けやすい
B. 平均的な指、ピンク色でやわらかい爪
C. 幅が広く骨ばったつ目、大きく硬い爪


Aが他よりも多い ― ヴァータ体質
Bが他よりも多い ― ピッタ体質
Cが他よりも多い ― カーファ体質

※これはあくまでも推定されるあたなのプラクルティです。より正確に理解するためにはアーユルヴェーダ医師やコンサルタントに見てもらう必要があります。

出展:"Ayurveda 101: Ayurveda Basics for the Absolute Beginner," Archive Natural Health and Wellbeing through Ayurveda.